料理専門学校に通う【自分の道は自分で切り開く】

スマイル

スキルが学べる

筆記用具

バリスタ職人になりたいのであれば、スクールに通うことが一番の近道となります。スクールでは、コーヒーの知識を一から身につけることができます。また、スクールによっては、ラテアートの技術を教えている学校もあります。

もっと見る

一流の職人になる

勉強

バリスタの専門学校に通うと、自分の夢を追いかけることができます。学校では、独立開業を学ぶこともできます。さらに、同じ夢を持つもの同士でお店を開業する場合もあります。

もっと見る

進路を決める

図書館

製菓科を設けている高校では、卒業するまでに、菓子製造技術士や菓子衛生士を取得することができます。また、管理栄養士の資格も取得したい場合は、大学に通うようにしましょう。

もっと見る

夢を掴むため

調理

自分の夢が料理人という時は、料理専門学校に行きましょう。また、料理専門学校では、オープンキャンパスを設けているところがほとんどです。料理専門学校に進みたいと考えている人の中には、進路方法がわかないと戸惑っている人も少なくありません。全国の調査では、オープンキャンパスの時期を逃してしまった人も多いのです。専門学校では、この日にオープンキャンパスを開催しますとの告知をすることが少ないためです。オープンキャンパスの日を把握するためには、進路指導室や行きたい料理専門学校のホームページをチェックしておかなければいけません。料理人になりたい夢がある場合は、早めに行動しておくことでオープンキャンパスに参加することができるでしょう。

料理専門学校に行きたいけどお金がない、そんなことで夢を諦めている人も多いでしょう。ですが、専門学校では、年間の学費が100万単位するところがほとんどです。さらに、2年間の学校に通う場合は、その学費が200万から300万程度かかってしまう計算になります。そんな学費を一度に払うことは難しいと考える人がほとんどです。その場合に、学校では、分割制度を行なっている学校もありますし、奨学金制度を設けているところもあります。一般の学費は、料理専門学校側から合格通知が来た日から10日以内に振り込む必要があります。ですが、分割制度を行なうことで、毎月の支払いに変更することができます。さらに、奨学金制度の場合は、国がお金を貸してくれることを指します。奨学金制度は、金利も安く返済する月々の料金も計画的に考えることができるのです。